FC2ブログ

11月 « 2019年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

『ウルトラセブン』 第39話 「セブン暗殺計画(前編)」

2019年 09月12日 20:00 (木)

『ウルトラセブン』 第39話 「セブン暗殺計画(前編)」



『ウルトラセブン』 第39話 「セブン暗殺計画(前篇)」



大人になってからも何回も見直したこの話ですが、この度Blu-rayで見直してみて、改めて面白さを実感しました。

普段はツッコミどころが目に付いてしまいがちですが、この話は完成されていますね!


フルハシ隊員がもらった宝石や、謎の発進電波など、後編につながる伏線もしっかり仕込んでおいて、決定的にウルトラセブンが敗北するシーンを見せたこの話、凄いわ!







   







まずはまずは・・・












冒頭セピアカラーで、アロンとの戦いが続きます。

所々、ガッツ星人の調査が入っているのも、面白い見せ方です。


時々「セブン50メートルじゃないよ!」とか、「セブン=ダンって、今頃知ったのかよ!」などとちょっとツッコんじゃいますが、ちゃんとそれを戦いに活かしているガッツ星人すげ~!



ガッツ星人が「戦いに一度も負けたことのない」と豪語するのも解る気がします。

行き当たりばったりの戦いではなく、用意周到に相手を分析するっていうのは、今までにないパターンですね。



後に『帰ってきたウルトラマン』で、ナックル星人も同じことをしますが、何となくガッツ星人の方が頭脳派なイメージがします(ナックル星人は武闘派なイメージ)。






ダンはアロンの事を知っていたようですが、敵の力を図るのによく使われている怪獣なのかな?

カラーで登場できずに可哀そうでしたが、こういう奴が一匹位いてもいいでしょう。






深夜のビル街で、敢えてセブンに変身しなかったのって、これも面白いですね。

とにかく変身→戦闘ってパターンが多いだけに、罠かもしれないっていうのは、ダンとガッツ星人の心理戦ですね。


様子見で出されたウインダムが悲運でしたが。


ウインダムとの戦闘で、ガッツ星人はもう翻弄し続けていましたね。

格の違いを見せつけて、相手にならなかったですからね。





最大の見せ場は、当然ですがウルトラセブンvsガッツ星人です!

この時もセブンを翻弄し、最後は十字架に捉えてしまいましたからね。


ただセブンを倒すのではなく、地球人を絶望させるために敢えて見せつけるように十字架に捕らえてしまったのは、初代ウルトラマンがゼットンに倒された時以来の衝撃だったことでしょう。



この絶望感で前篇が終わるのも、もどかしいですね。


『ウルトラセブン』 第39話 「セブン暗殺計画(前篇)」










   










豪力怪獣 アロン

身長:45メートル  体重:13,000トン  出身地:ガッツ星


豪力怪獣 アロン


セブンとの戦闘を見る限り、そこそこ強い怪獣でしたね。

単なる実験台にしちゃうのがもったいない位の、強さとルックスを持っています。


単体で出番を作っても、十分に見ごたえのある奴でした。 ちょっと不憫・・・






分身宇宙人 ガッツ星人

身長:2~40メートル  体重:200キログラム~10,000トン  出身地:ガッツ星


分身宇宙人 ガッツ星人


鳥っぽい顔をした宇宙人です。

見た目そんなに強くなさそうですが、セブンに完全勝利しましたから、見た目で判断しちゃいけないですね。


正直、頭脳派を語っているメフィラス星人より頭いいと思っています(笑)






カプセル怪獣 ウインダム


カプセル怪獣 ウインダム


やられちゃって可哀そうね。






後編に続く!!!










ブログランキングへクリックして下さった事、感謝いたします。
↓ ↓ ↓






こちらのブログもヨロシクね!! ⇒ 勝手にウルトラ検定 










関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ウルトラマン
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

2019年09月13日 09:49

お久しぶりです。
最近こちらのブログも見始めました。
中々コアな内容もあり、楽しく見させて貰ってます。
是非是非今後も更新頂けると嬉しいです。

ps.おもちゃで作る ウルトラ怪獣図鑑もお待ちしております!

Re: タイトルなし

2019年10月02日 14:05

> ウルトラ7番目の兄弟さん

レスが非常に遅くなり申し訳ございません。
理由はブログに記載の通りです。

復旧はいつになるかわかりませんが、続けていきますので、気長にお付き合いくださいませ。