FC2ブログ

09月 « 2020年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

『ウルトラマンネオス』 第1話 「ネオス誕生」

2020年 10月18日 18:58 (日)

『ウルトラマンネオス』 第1話 「ネオス誕生」



『ウルトラマンネオス』 第1話 「ネオス誕生」



現在『ウルトラマンA』を見た感想をこのブログで残していますが、同時進行で『ウルトラマンネオス』も進めていきます。

発売当時、パイロット版が見たいが故に購入したBlu-ray、気が付けばまだ2回くらいしか再生していなかった事に気づき、改めてネオスを見直す気になりました。

私が好きなYouTubeチャンネルでも、良くネオスを取り上げていますし。








    







では第1話から行ってみよう!!!





物語に入る前に・・・・・・












オープニング曲の間に、主人公・カグラゲンキ隊員が宇宙空間で事故にあうシーンがずっと流されています。

なるほど、これって面白い演出ですよね。

いちいち第1話で説明する必要もなく、あの映像を見るだけで、後は台詞の中の雰囲気で何が起きたか理解できますから。


何年かぶりに見返してみると、こんな再発見があることにまずビックリでした。





まずはがけ崩れ事故が起き、日本初のダークマターの影響が疑われます。


ダークマターの影響で世界各地に異常現象が出ているんだってさ。

ウエマツ隊員の話じゃ、体長1mもあるゴキブリが見つけられたっておい!そりゃ凄すぎだろう!!


私の知人で、ゴキブリが本当に嫌いで、殺虫剤のパッケージに描かれている絵を見ることすらできない方がいます。

昔一人暮らしをしていた際、横浜に住んでいたのに、アパートにゴキブリが出たから千葉の父親に連絡をしたなんていう事を語っていました(だから解決策にはならんだろう)。

なーんて、直接関係のないことを思い出してしまいました(付き合わせてスミマセン)。


でまあ、この時のヒノ隊員のやる気のなさ、コイツ何者!?

口ばっかりで最初から決めつけて! まるでTACの山中隊員と今野隊員の悪いところだけを掛け合わせたような印象が、最初の登場でわかってしまいます(嫌な奴だなぁ~)。



蛇足ですが、HEARTの基地ってめっちゃ広いのに、メンバー以外の他の隊員や職員の姿が全く見られないんですよね。

こんなに広い施設にする必要あるの?と思ってしまいました。


オリジナルビデオだから予算の関係もあったのでしょうが、もうちょっとエキストラでも出してくれたら、雰囲気がガラッと変わったかも。

どうしてもチープ感が・・・





それでもまあ、ミナト隊長の号令で調査に出動。

ここでもヒノ隊員は、口ばっかりで何もしようとしないからやんなっちゃうよね。


坑道内の調査に誰が行くか?なんて揉めているところへ、宇宙空間で事故に遭い、入院中だったHEARTメンバーのカグラゲンキ隊員が登場! 主役は遅れてくるってか!?

周囲の反対を押し切って、ナナ隊員と調査に向かう事に。


坑道内で光る岩を見つけて、一旦は戻ります。





調査の途中暴れまわるなどした岩を調べた結果、微生物が鉱石に取り付いた生命体との事。

坑道への立ち入りは禁止されましたが、やじ馬で見に来ていた少年の犬が坑道内に飛び込み、少年も追いかけます。


その少年を助けるために、ナナ隊員もハートビーターSXで突入! 

助かるものの、アーナガルゲが活動を開始し、地上に現れました。





暴れるアーナガルゲには、ハートビーターSXが取り付いていて、HEARTも迂闊に手を出せません。

救出するため、カグラ隊員は自ら飛び出しますが、アーナガルゲに近寄れず・・・


その時、時間がいったん止まり、カグラ隊員に赤い巨人(ウルトラセブン21)からメッセージが。


光と一体化したカグラ隊員は、ウルトラマンネオスとなって戦い始めました。


『ウルトラマンネオス』 第1話 「ネオス誕生」  ウルトラセブン21





岩肌に着く微生物なので、体表を凍らせる冷凍弾2発の発射と、ネオマグニウムの発射でアーナガルゲを倒しました。


犠牲になったと思われたカグラ隊員は、「おーい」の声と共に手を振って仲間の元に帰ってきます。

ウルトラマンネオスに助けられた・・・と、言って。





オーソドックスな第1話で、ウルトラ作品の王道と言った感じですね。

ただ、今でこそ珍しく無くなりましたが、ネオス登場の際にミナト隊長は、ネオスへの攻撃を命じます。


ナナ隊員が救出されたから攻撃を止めましたが、その後でもウエマツ隊員が隊長にどうするか尋ねる描写があるところが、ちょっと新鮮でした。





ウルトラマンネオスの戦い方って、動きが早く、のびのびと戦っているように見えます。

見ていて気持ちがいいんですよね。


若々しさを出しているのでしょうが、伝わってきます!!


『ウルトラマンネオス』 第1話 「ネオス誕生」  ウルトラマンネオス




あとはまあ、エンディングの曲の中映像では、普段のHEARTの様子がうかがえるシーンが取り混ぜてあり、なんとも心温まるエンディングです。


私は結構、普段の何もない様子を出してくれるのが好きなので、体調がチェスに負けて、もう1回とねだっている様子や、アユミ隊員がナナ隊員のアイスを食べちゃったシーンが、なんとも心温まりました。



久しぶりに見返してみて、やっぱりネオスいいなあ!








    








鉱脈怪獣 アーナガルゲ

身長:64m  体重:80,000t  出身地:中央アルプス・阿賀鉱山


鉱脈怪獣 アーナガルゲ


当初の予定では、ドレンゲランを出す予定だったそうですが、スーツに2人入らなきゃいけない仕様だったので諦めて、新しい怪獣をという事になったそうです。

なので、岩タイプのかいじゅうっていうのは、その名残らしいですね。


アーナガルゲっていうのは、元々鉱山付近で神と崇められていた竜の名前らしいです。

劇中で登場していたお爺ちゃんが言っていました(笑)。


まあ特にこれと言った印象が無い怪獣でもありましたね。 感情移入するところも無かったし。

ストーリーの方に気持ちが持って行かれ、怪獣はあまり気にならなかった! という印象でした。












ブログランキングへクリックして下さった事、感謝いたします。
↓ ↓ ↓






こちらのブログもヨロシクね!! ⇒ 勝手にウルトラ検定 






コレクションはここに展示しています!
 
    ↓   ↓   ↓

Museum of PUTA2 











関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ウルトラマン
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント