FC2ブログ

04月 « 2021年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

『ウルトラマンA』 第36話 「この超獣10,000ホーン?」

2021年 04月22日 16:51 (木)

『ウルトラマンA』 第36話 「この超獣10,000ホーン?」



『ウルトラマンA』 第36話 「この超獣10,000ホーン?」



私がエースの中で、一番好きなお話です。

毎回ラストには、思わず涙ぐんでしまいますが、今回も・・・やられました(笑)。

何回見ても、好きなものは好きなんですよね。 ラスト知っているのに。


70年代の青春ドラマのノリなんですが、いかんせん私も70年代生まれの人間で、そういうものを毎日見てきて育った世代なので、ドンピシャなんですね。







   







知っている人も、知らない人も、感想を含めて内容です。












超獣が出現するという通報があるものの、一瞬で消えてしまい、なかなか姿を捉えることが出来ませんでした。

ただ頻繁に出現するので、ある一定のエリアに絞られてきました。



そんな中、はじめてTACのレーダーにしっかりと超獣の出現を確認でき、北斗・美川両隊員が出動します。


でもそこに居たのは、超獣ではなく暴走族でした。

その日は特に何もありませんでしたが、ここから北斗と暴走族の関わりがはじまります。





翌日、暴走族に「うるさい」とモノ申した香代子と、それを助けるダン、梅津姉妹はその暴走族に追い回されます。

北斗が助けに入り事なきを得ますが、その翌日が酷かった・・・


北斗が子供に好かれるコツを教えると、リーダーのシュンペイはわかったふりをして、その後香代子を執拗に追い回します。

ブチ切れた北斗は彼らを追いかけ、河原で大げんかが始まりました。



その後・・・作戦室で叱られる北斗。。。まぁこれはしょうがないよな。

勤務中に暴走族と喧嘩してた! なんて、マスコミに知られたら大問題になっていたでしょうし。





サウンドギラー(ここでそう呼称されていますが、まだ音との関連が解ってなかったのに不思議だ?なんて野暮なことは言わないぜ!)が例の暴走族の近くで出現することを突き止めた北斗は、彼らの近くを張り込みます。


幼稚園の子供にちょっかいを出しているシュンペイたちの近くで、サウンドギラーが再び現れます。

今度は実体化して、なかなか消えません。

街に被害が出る中、北斗は子供たちを助けに入ります。


しかしサウンドギラーが襲ってくるので、苦戦する北斗・・・ そこで、女メンバーのマチコが一緒に子供たちを救出に向かいます。


サウンドギラーは姿を消しますが、お礼を言う子供たちに、北斗はマチコやシュンペイ達が超獣を追っ払ってくれたといい、更に子供達を広い所へバイクで連れていってくれると・・・

おいおい、ヘルメットはよ!? いいのか??


でもさ、河原で子供たちと遊ぶ暴走族は、何かを掴みかけます・・・





翌日、バイク屋で爆音が出るマフラーを付け替えて欲しいと、シュンペイ達がおやじさんに頼み込みます。

そこへタイミングよくあらわれる北斗(ご都合主義なんて野暮なことは言わないぜ)。


そんな中、サウンドギラー出現の通報が! 工場地帯に! 昨日の子供たちの幼稚園の近くだ!!

出動する北斗と一緒に、シュンペイ達が向かいます。

そして幼稚園の子供たちの救出を手伝います。



姿を消さないサウンドギラーに、北斗はバイクの騒音で引き付ける作戦に! シュンペイ達も一緒になって走ります。


火だるまになって落車した北斗は、ウルトラマンエースに変身しました!!





戦いは、まあちょっと苦戦するものの、メタリウム光線でやっつけちゃいました!ちゃんちゃん!(短けーな!)。


『ウルトラマンA』 第36話 「この超獣10,000ホーン?」



後日、幼稚園で子供たちと一緒に遊んでいるシュンペイ達。

彼らのバイクには、爆音を出すマフラーはもうありませんでした。


北斗・美川両隊員が様子を見に行きますが、子供の一人が「TACよりお兄ちゃんたちの方がカッコイイ」と!

「そうだよ、お兄ちゃんたちはカッコいいんだ。TACより偉いんだ。」と、北斗・・・
   ・
   ・
   ・
やばい、思い出しただけで涙腺が緩くなってきた!


世間から相手にされていなく、ひねくれていた青年たちが、人の優しさに触れて構成していくお話ですが、マジ感動です!

北斗が一時期グレかけていたなんていうセリフもありましたし、人間味あふれるお話でした。


個人的に、『ウルトラマンA』ナンバーワンのお話です!!









騒音超獣 サウンドギラー

身長:53m  体重:31,000t  出身地:音の発する地点(騒音の音源)


騒音超獣 サウンドギラー


いっつも同じことを言っているような気がしますが・・・コイツは何の目的があって出現しているんですかね?

コイツもヤプールの忘れ形見なんでしょうかね??

その辺は相変わらず謎で、追及されることもないので、若干モヤっとしますが、コイツに限らずよくある話なのでもういいや(笑)。


コイツ、見た目が面白くって好きなんですよね。

生物感が感じられない顔つきに、タプついたお腹周りとか、魅力あり過ぎでしょう(笑)。










   












ブログランキングへクリックして下さった事、感謝いたします。
↓ ↓ ↓






SNSはこちらです

Twitter   Instagram   Facebook

ウルトラマン好きな人と繋がりたいです!!





メルカリ出品中 ⇒ PUTA2のメルカリ





コレクションはここに展示しています!
 
   ↓   ↓   ↓

Museum of PUTA2 










関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ウルトラマン
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント